_HD_SKIP_CONTENTS

_HD_BREADCRUMBS

TOP  >  のらねこ軒のブログ  >  DIYと手づくり  >  勝手口網戸の自作
  • カテゴリ DIYと手づくり の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

のらねこ軒のブログ - 勝手口網戸の自作

勝手口網戸の自作

カテゴリ : 
DIYと手づくり
執筆 : 
tigrimpa 2018-7-14 1:13
のらねこ軒は、森の中みたいなところにあるので、夏でもけっこう涼しいです。特に一階は、ひやーっとする床(冬はげんなり)のおかげか、真夏日でも快適に過ごせます。

ところが二階は、熱がたまるのか、とても暑くなります。のらねこ軒の二階には、長い廊下があって、左右に和室があります。廊下の一方の端には窓があるのですが、もう一方には、非常口(外階段に続く)があり、そちら側には窓がありません。各部屋の窓とドアを全開にすれば、調子よく風が吹き抜けると思われますが、和室の大半は猫進入禁止としているので、そういうわけにもいきません。

そこで、非常口のところに、網戸をつけることを考えました。市販のドア用網戸を調べてみると、5000円前後のものから数万円のものまで、いろいろありますが、5000円前後のものは言うまでもなく、数万円のものも、猫の攻撃に耐えられる気がしません。のらねこ軒には現在4歳前後の猫が3匹いるのですが、普通の網戸を破壊しまくるので、猫が出入りする場所の網戸は、全部ステンレスの網に張り替えた経緯があります。

そこで、猫の攻撃に耐えられるドア用網戸を自作することにしました。

主な材料は、35mmの角材と、ベニア、網戸用の網(ステンレス)です。ステンレスの網戸用の網は以前まとめ買いしたものを使います。

まず、角材を組んで、網をタッカーで貼り付けます。
そして、上部に穴を開けたベニアをビス打ちします。ビス打ちよりも上品な仕上げもあるかと思います。


丁番をつけて


とりつけます。さっそく猫がチェックしてます。


取っ手と、ラッチ(かぎ)をつけて


あとは、スキマにふわふわ隙間テープを貼って、出来上がりです。

今回は、ベニアを片面だけに貼りましたが、両面に貼るともっと丈夫になると思います。隙間はふわふわテープで大丈夫かと思っていますが、ちょっとのスキマはどこかにはどうしても出来てしまうようです(それは他のアルミフレームの網戸も同じかも)。

網戸自作について書いているサイトを参考にしましたが、猫対策のあるものがなかったので、たいへんいいかげんなDIYで恐縮ですが、ご参考までに、記事にしました。

猫の攻撃は主に下半分なので、下半分はベニア貼りで、上半分を網戸としました。もちろん上の網戸にも猫の手は届くのでさっそく爪痕があります。

ステンレス網は強力なので、下半分も網にする手もあったかと思います。下半分も網にするとドア全体の強度が落ちるので、L字金具とかで補強とか、両面ベニア張りとかの必要があるかもしれません。

出費、35m角荒材6本980円(うち3本半くらい使用)、ベニア板980円、丁番178円、隙間テープ108円、取っ手とラッチは余っていたものを使用、網戸の網は以前買ったもの。
  • 閲覧 (337)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://precariato.info/modules/blog/tb.php/104

カテゴリ一覧

おしらせ

映画「Weabak: 外泊」サイト新URLはhttp://film.precariato.info です。

twitter

twitter

_HD_SKIP_PAGETOP